お金で悩みたくないのでゼロから学ぶブログ

お金で悩みたくないのでゼロから学ぶブログ

お金で悩みたくない方、お金に関して一緒に学びましょう!

SBIバーチャル カレンシーズ にて仮想通貨の取引開始いつから?取り扱い通貨はリップルを中心に、あの通貨も・・・!?

f:id:moneygamex:20170629181757j:plain

かにたまです。

2017年6月29日10:00〜 SBIホールディングス株主総会が行われました。そこで、SBIバーチャル カレンシーズ についての記載がありましたので、シェアします。

SBIバーチャル・カレンシーズの仮想通貨の取引はいつから?

f:id:moneygamex:20170629184531j:plain

残念ながら具体的な日数は不明でしたが、順調にいけば今年の2017年の夏に開業予定とのこと。最低でも8月末から取引が開始となります。

公式ページはこちらです↓
SBIバーチャル・カレンシーズ|仮想通貨ならSBIバーチャル・カレンシーズ

f:id:moneygamex:20170629185748j:plainSBIはSBIはリップル社と資本業務提携をしています。驚くべきは出資比率は11.05%という割合です。ガチでリップルに力を入れているのがわかります。

Ripple(リップルXRP)の特徴は、ビットコイン以上の送金性能を持っている点です。しかし、ビットコインのようなブロックチェーンではなく、送金に特化しています。通貨のハブ的な特徴があり、円→ビットコイン→ドルなどの交換がリップルを通じてスムーズに交換できるようになります。上の現状のビットコインとのコストや時間を比較すると圧倒的な性能差です。

f:id:moneygamex:20170629185801j:plain

リップルの現在の時価総額ビットコインの1/4以下であり、時価総額は1兆強ほどです。しかし、ここ最近のRippleの伸びは非常に強くなっていることは、上のグラフからでもわかります。4月から急速に伸びていますよね。

f:id:moneygamex:20170629200105j:plain

理由として、SBIのような多数の大手金融機関と提携している点が大きいですね。リップル公式ページによると、世界大手上位50位以内の銀行のうち15社と提携しています。どうしてこれだけの数と提携できているのかと言いますと、リップルの性能も去ることながら、以前から企業に働きかけていたからです。2009年頃から地道にリップルは活動を続けていたようです。

f:id:moneygamex:20170629190424j:plainもともとリップルは、上の円グラフにあるようにリップル社がその大半を保有しています。(緑+青の部分)6割以上の大量のXRPリップル社が持っていれば価格操作も可能になりますので、以前からこの点に関しては評判が悪かったですね。

しかし、2017年5月に総提供量の確実性を確保するために550億XRP、約半分以上のリップルエスクローに預託することを発表しました。エクスローとは、仲介サービスのことです。リップル社ではない第3社の会社であるエクスローに預けることで、大量のXRPを使えなくして市場コントロールができないようにし、安心感を出しました。

従って、現在リップル社が仕えるのは上の円グラフの青い部分67億XRPのみです。

f:id:moneygamex:20170629191709j:plainSBIが仮想通貨に目をつけたのは銀行の送金革命を起こすためです。仮想通貨の世界では当たり前ですが、銀行で24時間リアルタイム決済などは現在ありません。他の利便性の例として、上図のような例があります。

f:id:moneygamex:20170629191934j:plainSBIは、ビットコインブロックチェーンのプロジェクト等に積極的に参加していることをアピール。SBIだけではなく世界的な金融機関も、ブロックチェーンの有効性は無視できなくなっています。

f:id:moneygamex:20170629192221j:plainSBIグループはR3社主導のブロックチェーンプロジェクトの外部筆頭株主になるくらいの熱の入れていますね。

 

 

SBIバーチャル・カレンシーズ取り扱い通貨

f:id:moneygamex:20170629192405j:plain

2017年夏に開業予定のSBIバーチャル カレンシーズ の取引通貨も明らかに。上図のようにビットコインリップルは確実ですね。「ビットコインXRP等の」と書かれてあることから、これ以外の通貨も取引される可能性がありますね。気になりますね~。

 

 

 

グローバルな仮想通貨取引所 SBI MAXもオープン予定!Nem(ネム)等の通貨も取引か?

f:id:moneygamex:20170629185016j:plain

さらに!SBIバーチャル・カレンシーズ以外でも、グローバルな仮想通貨取引所である「SBI MAX」の設立も準備中とのことです。

取扱い通貨は、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップルXRP)、ネム(XEM)、ライトコイン(LTC)ロゴマークが確認でき、その他のコインも扱われるようです。実現されれば、仮想通貨市場の流通が加速し、大きな影響を与えると思われます。

f:id:moneygamex:20170629193244j:plainSBIの株主は海外投資家も多いのが特徴です。「SBI MAX」がオープンすれば各国からの仮想通貨市場への資金流入も見込めるため、仮想通貨がさらに大きな市場へと発展をする可能性も秘めています。

 

参考資料

http://www.sbigroup.co.jp/investors/library/presentation/pdf/presen170629.pdf

今回の資料、仮想通貨に関しては124ページ~ から参照できます。

 

2017年7月31日(月) 23:59まで最大5000円分ビットコインがもらえる
※新規登録日、取引は新規登録日から90日間有効
リップルも購入できるコインチェックの登録はこちらから ↓

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

 

Zenトークン導入!手数料が安いZaifこちらから↓

 

CMなどでお馴染みのビットフライヤーはこち
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で 

 

 


人気ブログランキング

 良かったら応援お願いします~