お金で悩みたくないのでゼロから学ぶブログ

お金で悩みたくないのでゼロから学ぶブログ

お金で悩みたくない方、お金に関して一緒に学びましょう!

モバイルゴー続報!2つの取引所での取引が決定!で、ICOで購入したモバイルゴーはどこ?

f:id:moneygamex:20170520161711j:plain

かにたまです。

先日、ICOで59億円を調達したモバイルゴーに関するメールが届きました。さっそくメールを確認し、ICOで購入したモバイルゴーのトークンはどこにいったのか?見てみたいと思います。

簡易まとめ

長いので簡易まとめから記載します。

1、どの方法で購入したトークンを受け取るかを決めることができます。

・ETHとして受け取る

Wavesとして受け取る

・ETH50%、Waves50%で受け取る

※なぜETHとWaves2種類があるのかというと、モバイルゴーは二重ブロックチェーンという仕組みが使われています。詳しく知りたいければ「こちら」の記事を参照して下さい。

 

2、トークン配布から1週間ほどで2箇所の取引場でモバイルゴーETHが取引できる。

取引所は

bittrex

liqui

注:モバイルゴーWavesは取引できない

 

3、1ヶ月以上強はモバイルゴーETHとモバイルゴーWavesの交換はできない。

 

4、インセンティブボーナスはWaveウォレットで受取できる。

インセンティブボーナスは、購入額に応じてWaveウォレットで受けとることができます。Wavesのウォレットの作成方法は、以前の記事で記載しています。イーサウォレットは受取できないようです。

 

 

モバイルゴーからのメールを確認!交換等について

f:id:moneygamex:20170603150842j:plain

こんな件名でメールが届いていたので早速チェックしました。

2箇所の取引所で取引が決定!今後は幾つかの大規模の取引所も・・・?

f:id:moneygamex:20170603162911j:plain

↑ モバイルゴーからのメールをgoogle翻訳で日本語に翻訳したものを載せました。 英訳はおかしな箇所もありますが、ご了承ください。

 

 

モバイルゴーが海外取引所のbittrex(Bittrex.com - Bittrex, The Next Generation Digital Currency Exchange)と liqui(Liqui - brand new cryptocurrency exchange with savings accounts.) に上場と記載されていますね。配布開始から約一週間でトレードできるようになるということです。

ただし、上場されるのはモバイルゴーのイーサリアムトークンの方のみWavesトークンの方はまだ取引できないようです。

f:id:moneygamex:20170604024136j:plain

なお、Waves (WAVES) $5.60 (32.89%) | CryptoCurrency Market Capitalizationsによると、Waves時価総額11位でした。この1ヶ月で10倍近く上がっているのはモバゴーの影響でしょうか?

さらに「私たちは現在いくつかの大きな取引所と準備をしており、今後、幾つかの上場に関する発表も予定している」とも書かれていますね。このブログでもご紹介した大手取引所のpoloniexにも上場しないかしら?と思っています。楽しみですね。

 

トークンの受け取りについて

f:id:moneygamex:20170603162925j:plain

どの方法で購入したトークンを受け取るかを決めることができます。

1、ETHとして受け取る

2、Wavesとして受け取る

3、ETH50%、Waves50%で受け取る

以上の3パータンで受けとることができます。受け取りにはそれぞれに対応したウォレットが必要になります。

ETHの場合
MyEtherWallet: Open-Source & Client-Side Ether Wallet

Waveの場合
https://waveswallet.io/

ウォレットの作成がまだの方は以前の下記事をご覧下さい。

moneygamexx.hatenadiary.com

面倒ですが、両方作成しておくことをおすすめします。

 

モバイルゴー の交換について

f:id:moneygamex:20170603164120j:plain

ホワイトペーパーに記載したように、モバイルゴーWaves資産とモバイルゴーETH資産を1対1に交換する必要があります。この技術はもともと第三者開発者によって開発されたということです。今後の検査では、現在のブロックスワップ技術に潜在的脆弱性潜在的な攻撃経路があると感じています。この義務は1ヶ月以上かかることがあります。この間、モバイルゴーの WavesとETHの資産を交換することはできません。最初に配信する資産の種類を決定する際には、この情報を念頭に置いて保管してください。

とのことです。要約すると脆弱性と攻撃経路があるので、1ヶ月以上はモバイルゴーETHとモバイルゴーWavesの交換はできませんとのことです。従って、上記に記載したトークンの受け取り方法については一考した方が良いと思います。すぐ取引したいならイーサの方かな。

 

ボーナスについて

f:id:moneygamex:20170603154702j:plain

ボーナスに関する記載もありました。このボーナスはあなたの購入金額により配布されます。このボーナスは7~10日以内の発行となりますので、少し先の話です。このボーナスはWaveウォレットの方で受けとれるようです(https://waveswallet.io/

 

 

で、ICOで購入したモバイルゴーのトークンはどこ?(2017年6月3日の段階)

⇒ まだモバイルゴーのトークンは配布されていない

以前の記事の5月28日のメールで現在のモバイルゴートークンは契約監査の最終段階であり、監査の承認を得られれば5日~7日以内に引き出しアドレスを入力できるようになる。そして、約3〜4日後にそのトークン配布を開始と記載があります。トークンの配布は、早くて6月6日頃くらいでしょうか?

ただし、海外の場合は、日本人とは違い、時間通りに事が進まないことも多々あるので気楽に待とうと思います。とりあえず、ETHやWavesのウォレットだけは作成しておいた方が良いと思います。

加えて、すぐに売買するのであれば、ETHウォレットを作成しETHトークンで受け取るようにして、取引所であるbittrexや liquiに登録しておくと良いでしょう。モバイルゴーの初の取引開始時には他の暗号通貨のように大きく動くことが予想されます。チャンスでもあります。Zcashの時のようなこともひょっとして・・・w

一方、僕のように特に急がないのであれば、Waveウォレットだけ作成してWavesトークンやインセンティブボーナスを受けとれるようにするのがもっとも楽です。

 

 


人気ブログランキング

 良かったら応援お願いします~